Philippe Starckフィリップ・スタルク


斬新な発想が生む、たんなるデザインを超えた、新たなる方向性。

港のペニンシュラホテル、ニューヨークのザ・ロイヤルトンホテル、フランス・ボルドーの空港管制塔、ドイツのデュラビットデザインセンター、日本ではアサヒビール吾妻橋ホールと、世界中の至る所に彼の記念碑的プロジェクトが点在しています。そこには、まさにデザインを超えた、思想性を持つ社会的なムーブメントが感じられます。建築から日用品まで生活の中のありとあらゆるものを精力的にデザインし続ける、スタルクが手がけた水まわりデザインの結晶が、Starckシリーズ。余分な装飾はしない。不必要な機能もつけない。すべては素朴な自然美を原点に。バスルームを変える、フィリップ・スタルクのポリシーが、さりげない美しさを提案してくれます。そして、Starck 3では、Variety + Design + Good Value = Starck 3をコンセプトに掲げ、高級ブランドであるStarckシリーズを、より身近な商品としてトータルコーディネートしました。フランスが誇るインターナショナルデザイナーのひとつの成果がここにあります。

Philippe Starck

Philippe Starck

フィリップ・スタルク(1949〜)

フランス・パリ生まれ。パリの装飾美術学校で学んだのち、ピエール・カルダンのメゾンに入社、家具デザインを担当。1980年アメリカで、スタルク・プロダクト社設立。スタルクは、インテリアをはじめあらゆる分野のデザイン活動を網羅しつつ、建築家としても活動しており、世界で最も注目され、活躍するデザイナーの一人です。

TOY  © 株式会社YAMAGIWA
Prince AHA  © Kartell