たまには動かしてね

さて、今回はサーモスタット混合水栓のお手入れ方法です。

サーモスタットを使う一番の利点は、一度調整した温度を常に保ってくれるところですよね。
こういった便利な水栓は、いつも快適に、しかも長く使いたいものです。

そこでちょっとしたアドバイスを。

シャワー、カラン吐水、どちらでも良いですが、
温度調整ハンドルを目一杯水側に回して30秒ほど水を出します。
次に目一杯湯側(安全ロックを解除できればしてください)に回して30秒ほど湯を出します。
これを2~3回繰り返してください。

thermostat

この動作を定期的に行なうことで、サーモスタットの機能を長く保つことが出来ます。
(もちろん、使用環境などで変わりますので、確実に長く使えるとは言えませんが。。。)

サーモスタットの構造を説明すると長くなるので省略しますが、
便利な機能が故に、一度温度調整ハンドルを設定するとあまり動かさないと思います。
温度調整ハンドルが動かされないことで、サーモスタットの中はほんの僅かしか動きませんので、
あるとき水を使った後に湯を使おうとすると適温にならなかったり、
高温を出した後に高温でしか出なくなったりすることがあります。
これをサーモスタットの固着といいます。

掃除や長湯するときなど、2週間に1回程度の頻度で先ほどの動作を繰り返せば、
この固着を起こりにくくすることが出来、長く快適にシャワーを楽しむことが出来ます。

あ、くれぐれもヤケドには注意してくださいね。

カテゴリー: お手入れ方法 |