ちのかたち――建築的思考のプロトタイプとその応用(TOTOギャラリー・間)

建築・デザインの専門ギャラリーTOTOギャラリー・間では、
建築家・藤村龍至氏の個展「ちのかたち――建築的思考のプロトタイプとその応用」が
7月31日(火)より開催されています。

単純な形状を出発点とし、細かな与条件をひとつひとつ反映しながら、
多数の模型で比較・検討を重ねていく
独自の設計手法「超線形設計プロセス」を展開してきた藤村氏。
評論活動や教育活動など多岐に渡る活動の背景には、
より多くの情報や意見を取り入れ、集合的な知を形成することで最適な解を導き出し、
社会のさまざまな課題に応えることができるのではないか、
という藤村氏の一貫した理念を見ることができます。

本展では、各プロジェクトで実際に使用した300余りの模型群や、
数千におよぶ画像をAI(人工知能)に学習させデザインした椅子、
施工風景を含むタイムラプス映像など、
かたちが生み出されるプロセスを通じて、氏の理念と実践を紹介します。


すばる保育園(2018年 福岡県)
設計:藤村龍至/RFA+林田俊二/CFA
cTakumi Ota

乃木坂方面へお越しの際は、ぜひセラトレーディング 東京ショールーム
TOTOギャラリー・間」にお立ち寄りください。

藤村龍至展 ちのかたち――建築的思考のプロトタイプとその応用
会期:7月31日(火)~9月30日(日)
開館時間:11:00~18:00
休館日:月曜・夏期休暇8月11日(土)~8月15日(水)
入場料:無料

カテゴリー: イベント・キャンペーン |