大阪・梅田のくつろぎトイレ

駅やレストラン、百貨店などの街中トイレ、最近はそのトイレのこだわった空間に驚かされることが多くなりました。
特に女性用のトイレは身だしなみを整えるスペースはマスト、ブログでも女性がトイレを画像含めレポートしたものなどが掲載されているのをよく目にします。
実際にトイレが綺麗で使い勝手が良いお店は商売が繁盛するというデータもあるほど、トイレの重要度が増しています。

そんな街中トイレでセラトレーディングの商品が採用された事例を一つご紹介します。

JR大阪駅のホテルグランヴィア大阪や大丸のあるサウスゲートビルディング16Fのレストランフロア「うまいものプラザ」には、20店舗弱の和洋中のレストランがあり、トイレが2か所あります。


男性用は黒を基調としたトーン。


女性用は赤を基調としたトーン。
また、メイク直しがしやすいように、センターにハンドドライヤーを設置し、独立した洗面台の距離をとることでスペースを確保。

そしてここに採用されているセットはこちらです!

この面白い形の手洗い器はイタリアの陶器メーカー・フラミニア社製。
デザイナーは今や世界的に注目されている日本のデザインオフィス「nendo」が手掛けたROLLシリーズの洗面ボウルです。
1枚の薄紙をくるりと巻いたようなデザインが特長です。
ちなみに、セットされている自動水栓オートソープディスペンサーもセラトレーディングの取り扱い商品です。

セラトレーディングの社員は職業柄、トイレをチェックするのが習慣となっています。
これからも、こだわった街中トイレを探し求めていきます!

カテゴリー: CERAのある空間 |