品川区 S邸リフォーム

絞り込み検索

2007.06.06
  • キッチンは90度向きを変えて、できる限りバルコニー側に移し、明るく開放的になった。ダイニングとの対話もできる。
  • キッチンの玄関側に食品庫兼洗濯機置き場をレイアウト。玄関側にも開口があり、一直線に配置することで動線の短縮と通風を図った。

「昭和40年代のマンションを全面改装。水まわりを動かさずに快適な間取りを実現。」

お施主様が亡き祖母から譲り受けた築30年を越すマンション。 結婚後一年ほど生活してみた上で要望をまとめ、全面改装に至る。

リビング、ダイニング、子供部屋は明るい南面側に仕切りを設けずに配置。 排水位置の関係で移動不可能とされていたキッチンは、90度向きを変えることで、 リビングとダイニングに面した明るく開放的な空間に変身。 奧に玄関に通じたパントリーを設けることでゆとりのある生活動線も同時に実現。 また、たっぷり確保されたウォークインクローゼットは住居全体の通風・換気を考慮し、 南北の空間をつなぐ位置に風の通り道を兼ねて設置。
今回新設をご要望されていた洗面コーナーは、トイレ、脱衣所兼用のワンルームとすることでスペースを確保した。壁付大型洗面器の採用で広々感も演出。

内装はホワイトやダークブラウンといった落ち着いた色で統一し、後から買い足していく小物で色をつけていくといった楽しみを残した。

  • 玄関の床はキッチン・洗面脱衣室と同様の白いタイルで仕上げた。鏡の裏側にはシューズインクローゼットを新設。
  • ダイニングからキッチン・リビングを見る。モノトーンの空間にやわらかな木目の家具やポップな色の小物が不思議に似合う。
  • キッチンはステンレスの扉材を使用。
  • リビング。ダークブラウンのアクセントウォールは、床材と同じ素材のもの。落ち着いたリビングから、明るいダイニングへの変化が面白い。
  • 将来の子ども室(予備室)をLDKから目が届く南側に配置。最初から個室とせずに180センチの高さの壁でゆるやかに仕切った。
  • トイレの位置が変更できなかったため、洗面脱衣室と一つにすることで、広々とした空間となった。
  • 1mサイズの大型の壁付洗面器をトイレ空間に設置。両サイドにカウンターがついたタイプを選ぶことで、別途カウンターを造作することが不要になる。
  • 明るい雰囲気の浴室。

設計事務所

三井ホームリモデリング株式会社

住所 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目15番地
神楽坂1丁目ビル8階
TEL 0120-24-3131
FAX 03-5261-1941
URL http://www.mitsui-reform.com
担当者 三井のリフォーム 青山営業所
リフォームプランナー 一級建築士 佐藤恵利子

建物概要

名称 S邸リフォーム
所在地 東京都品川区
施主(事業主体) 個人住宅
設計(監理) 三井のリフォーム 青山営業所
施工 三井のリフォーム 青山営業所
工事期間 2ヶ月間(2006年)
建築用途 マンション(リフォーム)