目黒区 イニシアイオ目黒学芸大学(モデルルーム)

絞り込み検索

2008.05.01
  • リビングには日中、光がふんだんに取り込まれる。
  • シックな雰囲気のパウダールーム。左手に開かれた大きな鏡の付いた扉は、同時に浴室への視界を遮る。閉じたときは廊下側の姿見となる。

回遊性がもたらすSINGLE、DINKS向けライフスタイルの提案

都会在住のSINGLE世帯およびDINKS世帯のライフスタイルを表現したモデルルームである。

まずは、主張のある若者を意識した正方形のウィンドー。
通りに面しており、「ウィンドーから何が見えるか」「ウィンドーに何を見せるか」といった、街に向けてアイデンティティーを発信するウィンドーのありかたにこだわった。

また、限られたスペースを有効に快適に使うための工夫を施している。
リビングを中心としたパブリックスペースとプライベートスペースは、格子状の透過性のある引戸によりゆるく仕切られ、開けば広い1つのスペースとしても使える。
洗面空間と廊下を仕切る扉は、開閉させることにより、1つの洗面空間がパウダースペースと脱衣場の2つの役割を持つことを可能にする。
クローゼットは、リビング空間、寝室、玄関、水まわりの四方から開閉することができ、個々に合った使いかたの選択肢が広がった。

このクローゼットを中心とした回遊性がコンパクトなユニットに与えられ、暮らしかたのフレキシビリティーと奥行き感を生み出している。

  • あえて街に向けて「見せる」正方形のウィンドー。
  • 落ち着いた雰囲気の玄関。
  • 四方からアプローチできるクローゼット。ここを中心に回遊性のあるつくりとなっている。
  • リビングからベッドルームを見る。ベッドルームは、格子状の扉により奥行き感を残したまま、ゆるやかにパブリックスペースから区別することができる。
  • DKにも黒と木目が使われ、シックな雰囲気が漂う。
  • 四角いアンダーボウルと、角のある水栓金具がバランス良くシックな洗面化粧台になじむ。
  • 洗面空間とベッドルームを結ぶ経路は、ランドリースペースとなっている。
  • 浴室も同じような色合いで統一されている。
  • トイレには小型のシンプルな手洗器を設置。

設計事務所

桑原 聡 建築研究所

住所 〒150-0036 東京都渋谷区南平台町2-6
南平台ヒルス404
TEL 03-5459-9643
FAX 03-3463-1991
URL http://www.s-kuwahara.com
代表者 桑原 聡
担当者 桑原 聡

建物概要

名称 イニシアイオ目黒学芸大学(モデルルーム)
所在地 東京都目黒区
施主(事業主体) 株式会社コスモスイニシア 西東京支社
設計(監理) (デザイン監修及びモデルルーム設計)桑原 聡 建築研究所 
(モデルルームコーディネート)桑原聡建築研究所+株式会社唯アソシエイツ
(建築設計監理)株式会社アトリエ・ファイブ
施工 (モデルルーム施工)株式会社コスモスモア
(建築施工)木内建設株式会社東京支店
工事期間 2006年12月〜2008年2月
建築用途 マンション