デザイナーのためのヨーロッパホテルガイド 〜水まわり編〜 Vol.81

インサイド・ドレスデン(ドイツ・ドレスデン)

2012.05.07

INNSIDE Dresden

Add: Salzgasse 4 01067 Dresden Germany
Tel: +49 / (0)351 / 79515-0
Fax: +49 / (0)351 / 79515-4099
E-mail: innside.dresden@melia.com
URL: http://www.innside.com/de/
hotel-dresden-innside-premiun-
dresden-deutschland.html

15世紀からの小路ザルツガッセの曲がり角。フラウエン教会も近い。




車での乗り付けにも便利なアーケードスタイルのメインエントランス。撮影中、通りすがりにこの彫刻をしばし眺める観光客が何人もいた。レッドカーペットの階段を上ってロビーへ。

レセプション。
吹き抜けのロビー。
上階ギャラリーからロビーを見下ろす。

  スペインの大手ホテルグループ、ソルメリアがドイツで展開するトレンディなビジネスホテルのブランド「インサイド」がドレスデンにも進出した。2010年にオープンして2011年度の市内のビジネスホテルのナンバー1に選ばれている。最上階のカクテルバー「ツイスト」からもフラウエン教会のドームが見えるくらいで、QFホテルともノイマルクト広場を挟んで近くだ。例えば2泊だけのドレスデン滞在でも1泊ずつ利用しても移動が徒歩数分と楽なので、時間のロスもなく、全く違うタイプのドレスデンの新しいホテルを連続で試すことができる。都市計画上は、QFホテルがノイマルクト地区再開発計画区分「クオーターI」に属し、インサイドは広場東のザルツガッセとランピッシェ通りに挟まれた「クオーターII」に属する。フランクフルトを本拠地とする建築事務所「ヴェルナー&パートナー」の設計だ。(総工費3800万ユーロ)ザルツガッセ側のメインファサードは、バロック時代のスタッコ装飾に代わって、窓の開口部をシンプルに天然石が縁取りし、木製の日除けが縦のアクセントを添える。周辺のバロックの街景観に対して、このファサードデザインが殺風景すぎるとか、見窄らしいとか、ドレスデン市民から厳しい批判が絶えなかったと聞く。

  インテリアもクラシックとコンテンポラリーが拮抗せず、互いに歩み寄っている。レセプションやレストランのバーのガラスのカウンターや客室のゴールドの壁紙にあしらったバロックの文様など、全館を通して歴史的要素と現代建築がデザイン対話を続ける。ランピッシェ通り19番地に再建されたバロックの館が、モダンなホテルコンプレクスに組み込まれているのが、吹き抜けのロビーからもよくわかる。このホテル建設プロジェクトでは、160㎡の中庭が他のクオーター再開発計画と異なって、文字通りの中庭として空に向け開かれる。他のクオーターでは、オールウェザーにとガラス屋根で覆われ、中庭はインテリアになってしまった。インサイドでは、中庭がバロック時代の街構想のままにエクステリアで雨も雪も降る。「来て!」というスペイン語だそうだが、グルメレストラン「ヴェン」やラウンジがこの中庭をぐるりと取り囲む。ホテルのカフェで出してくれるコーヒーが、どこでも飲める地元ドレスデンのコーヒー豆焙煎工房と提携なのが嬉しい。この工房「ドレスドナー・カフェ」(Dresdner Kaffee und Kakao RÖsterei )は、ドイツのコーヒー専門誌が選ぶ“2011年度ベストロースター賞”に輝いている。ドレスデン旅行では、ドイツトップの香り高きコーヒーを味わうのをお忘れなく。


160㎡の中庭。ロビーやレストランが囲む。夏は中庭がテラス席に。この彫刻だけでなく、ホテルには1000作品ものドレスデンに関するアートワークが展示されている。


カフェバーはレストランとオープンに繋がり、カウンターが氷のブルーに光る。ランピッシェ通り側に位置。壁には大空襲前のドレスデンの白黒写真。


スペイン語で「来て!(VEN)」と名付けられた吹き抜けのグルメ・レストラン。ドレスデンの街のパノラマ絵画が壁全面を飾る。
ホテル内のパブリックエリアは照明が時刻の変化、天気の変化にあわせてニュアンスがかわる。



ドレスデン市民にも人気の大晦日のスペシャルディナーイベントのために、ロビーから続く左右2つのラウンジスペースも、この日はテーブル席に早変わり。
再建された「ランピッシェ通り19番地」のバロック館と、モダンな新館の接点。
バロック館内の階段室。

昔の光庭の部分は彫刻石庭にデザインされた。
客室階のエレベーター前のシッティングコーナー。








客室は全180室。(うち17室がロフト、ライフスタイルスイートが1室)光のストライプも内蔵し、未来風のミニバーとデスクのアンサンブルや服がきれいに透けて見えるクローゼットなど、建築家がこのホテルのために純白のラッカー仕上げの家具をオリジナルデザイン。バロックな大輪の花模様のゴールドの壁紙、大地のブラウン、知的なグレーのシンプル&エレガントな部屋で、真っ赤なカーペットがカラーアクセントとなる。テキスタイル類は、ドイツのトップメーカーJAB社のプロダクト。








シャワーはインサイドホテルでスタンダードとなっているハンスグローエのレインダンス。水栓もハンスグローエ。洗面器はデュラビットのバキーノシリーズ。ホーロー製カバーでバスタブの排水栓が目隠しされる。ソープディッシュの磁器も同様のフォルム。タオルラックはエムコのエポーザシリーズ。
クローゼットの左、ドアはなくオープンなバスルーム。
透明ガラスドアはシャワーで、曇りガラスドアがトイレ。トイレにもゴールドの花の壁紙を使ってあり、女性には嬉しい心使い。ペーパーホルダー、スペアペーパーホルダーはエムコのエポーザシリーズ。
最上階6Fのスカイバー「ツイスト」。100m離れたフラウエン教会のドームが見える。(© Innside Dresden)
CERA SPECIAL MEMBERSHIPにご登録いただくと、海外ホテル水まわり情報や国内納入事例などタイムリーな情報をお届けいたします。