デザイナーのためのヨーロッパホテルガイド 〜水まわり編〜 Vol.83

ホテル・グーテンベルク(フランス・ストラスブール)

2013.03.18

Hotel Gutenberg

Add: 31 Rue des Serruriers 67000 Strasbourg, France
Tel: + 33 (0)3 88 32 17 15
Fax: + 33 (0)3 88 75 76 67
E-mail: info@hotel-gutenberg.com
URL: http://www.hotel-gutenberg.com


歴史的な1745年の建物の中に全42室のチャーミングなホテル。

レセプション。

  グーテンベルク広場を挟んで大聖堂へも、ほんの2、3分、旧市街の散策にもとても便利なロケーション。その上料金もリーズナブルでデザイン的にも楽しめる。グーテンベルクはストラスブールに10年ほど住み、ルネサンス三大発明の一つ活版印刷術を完成させた。グーテンベルクの名を冠する広場がすぐ近くなこともあり、ホテルの名もグーテンベルグ。

アートのコレクションも館内を彩る。エレベーター脇には鍵のメタルオブジェ。
なんとなく口紅を連想させる真っ赤な椅子がロビーのアクセント。



エントランスホールからオープンに続くブレックファストルーム。


古い建物は階段室が個性的なことが多い。階段の手すりが緑青と赤の黒のユニークなカラーコンビネーション。アンティークの鏡や置き時計、銅版画で飾られ街の歴史を物語る。



部屋はプリヴィレージュのカテゴリーで、建物の角に位置し窓が多く明るい。ユーモラスなデザインの椅子。一瞬首を傾げるが時計回りに読むとGUTENBERGとなるベッドヘッドのデザインが印象的。





バスルーム
1928年にテオ・ファン・ドースブルフ(ハンス・アルプ、ゾフィー・トイベル・アルプとコラボレーション)がデザインした総合娯楽施設「ロベット」(L'Aubette1928) のシネマ&ダンスホールと多目的ホールが復元されミュージアムとして一般公開されている。歴史的建物の外観からはとても想像できないアヴァンギャルドな総合芸術空間。
ホテルからウィンドーショッピングしながらオペラ座にも歩いて行ける。19世紀のネオクラシックな建築(設計:ジャン・ヴィヨー)。

珠玉のゴシック建築、ノートルダム大聖堂もホテルからすぐ近くだ。

ホテルは街中心のクレベール広場にも近い。デザイナーには見逃せない空間デザインが待つ。
 
CERA SPECIAL MEMBERSHIPにご登録いただくと、海外ホテル水まわり情報や国内納入事例などタイムリーな情報をお届けいたします。