洗面ボウルのトレンド

ここ数年、世界的にリム(フチ)の薄い洗面ボウルや手洗器がひとつのトレンドとなっていることをご存知でしょうか。

このように、洗面ボウルのリムが薄くなっています。
従来のものと比べると、より分かりやすいかと思います。
全体的な印象も、かなりシャープで軽やかになり、空間の中で主張しすぎない、スマートな存在となりそうです。

このようなリムの薄い洗面ボウルですが、最初に世の中に提案したのは、2013年、スイスのLaufen社でした。
この技術は「サファイア・ケラミック」と呼ばれ、企業秘密の結晶成分を陶器の原料に混ぜ込み、薄くても耐えられる強度が実現したそうです。

リムの薄い洗面ボウルは瞬く間に世界に広がり、しっかりと人々の心をつかみ、Laufen社の提案から6年たった今でもトレンドは継続中。
ISHなど世界の展示会でもリムの薄い洗面ボウルが品揃えされていないブースはほとんどない、と言っても過言ではありません。
技術は各社各様ですが、このような技術の進歩がデザインの進化につながっていることが、よく分かります。

セラトレーディングでも、日本のお客様に世界のトレンド商品をお届けするべく、ヨーロッパ各メーカーのリムの薄い洗面ボウル・手洗器を少しずつ増やしてきました。
その数、20種類以上です。
ぜひ、セラトレーディングのカタログやホームページから、お好みの洗面ボウル・手洗器を探してみてください。

カテゴリー: 商品情報 |