デザイナーのためのヨーロッパホテルガイド 〜水まわり編〜 Vol.76

ルレ・ブルゴンディッシュ・クライス (ベルギー・ブルージュ)

2011.01.05

Relais Bourgondisch Cruyce

Add: Relais Bourgondisch Cruyce Wollestraat 41-47, 8000 Brugge, Belgium
Tel: ++32 (0)50 33 79 26
Fax: ++32 (0)50 34 19 68
E-mail: info@relaisbourgondischcru
yce.be

URL: http://www.relaisbourgondisch
cruyce.be
運河に面したテーブル席。映画『イン・ブルージュ』でコリン・ファレルが朝食をとるシーンを思い出す。
奥の暖炉の部屋はまた雰囲気が変わり、壁も天井も紫色にペイントされ、中世の世界へ誘う。

アンティークの木彫りフレームの鏡が客室のある廊下のアイキャッチャーに。
奥の部屋はアンティークのゴブラン織りのタペストリーが壁に掛かり、ブルージュの伝統工芸技術を愛でながらの朝食になる。
薄明かりの階段室も中世へと歴史を遡るタイムトンネルのよう。
 



これはスタンダードの部屋。切妻の屋根裏を吹き抜けにして天井が高く、部屋の幅が狭くても狭さを感じさせない。カーテン、ベッドとお揃いの薔薇の花模様のクッション。
薄紫の壁のフロアから屋根裏の34号室へ。
 
ヒーターの目隠しもアンティーク調に。
ノートブックでなく小さな日記帳に万年筆で書きたくなるライティングコーナー。

この何百年という歴史が実感される扉を開けるとクローゼット。
夜は天井の間接照明も空間に雰囲気を加味してくれる。
窓のディティール。
窓から見下ろした眺め。
バスルームへの扉。握り具合がなかなかいいアンティークなメタルのノブ。
床はダークグレーの大理石模様のタイル、壁やバスタブ周りは白い大理石模様のタイル。
 

自然志向のダマナ(Damana)ブランドのアメニティが小さな籐籠に用意される。この石鹸で手を洗うとハーブの香りがほんのりとバスルームを満たす。
© Relais Bourgondisch Cruyce
スーペリアの客室のルージュロワイヤルの大理石のバスルーム。

CERA SPECIAL MEMBERSHIPにご登録いただくと、海外ホテル水まわり情報や国内納入事例などタイムリーな情報をお届けいたします。