デザイナーのためのヨーロッパホテルガイド 〜水まわり編〜 Vol.93

レ・トログロ・ドゥ・ボーリュー (フランス・アンドル=エ=ロワール)

2016/06/01

Les Troglos de Beaulieu

Add:26 rue des Bertrands, 37600, Loches, France
Tel:+ 33 (0)2 47 91 97 89
E-Mail:troglo-beaulieu@hotmail.fr URL:http://troglo-beaulieu.fr

ロワールの古城巡りは、ラグジュアリーホテルにない個性溢れるB&Bを各地に探すことができる。ボーリュー・レ・ロッシュの村にあるこの「レ・トログロ・ドゥ・ボーリュー 」もその好例だ。そしてここではロワール地方ならではの石灰岩の洞窟に泊まるという希有な経験が可能なのだ。ロワール河流域の河岸段丘はテュフォーという柔らかい石灰岩石でできている。昔から城や教会の建材として採掘された後のトログロという洞窟が多々存在し、ワイン倉庫やレストラン、ホテル、住居、シャンピニオン栽培に利用されている。

このトログロから、中世の面影を残すロッシュ村まで2km、シュノンソー城まで25km、アンボワーズ城へは30kmなので、車でならここを拠点に日帰りで古城見学もできる。「ワイン圧搾機の部屋」全3室のみ。湿気を嫌う石に対応するバスルームのデザインに一番苦労したという。トイレはクルーズ船のキャビン同様のシステムで機能。どんな5つ星のデラックスホテルでも経験できない五感経験。嗅覚が一生忘れることのないだろうローズマリーのハーブの香りを彷彿とさせる独特な石の香りに包まれて、夢見る極楽の夜が待っている。

私達が泊まった時はまだ工事現場だったが、オーナーのセリーヌさんとスティーブさんによって、現在は新しくロマンティックな洞窟ディナーを楽しめる。今は朝食もガーデンテラスかダイニングルームでサービスされるとのこと。でも指定時間にトントンと部屋のドアを叩かれ、セリーヌさんが、素敵な食器のアレンジをお盆にセットして運んできてくれた心のこもった朝食を、お部屋の片隅の小さなテーブルで頂くのもかけがえのない味がした。