〜Nico-house〜 第6回

最初の出会いから書き始めたブログもついに最終回
完成した家を、実際にお住まいになったお客様の感想を交えてご紹介します!

倉庫
出入り口をキッチン、廊下、洗面室側の3カ所に設けたため、光や風が通り抜けるようになりました。
買い物した食品を玄関からそのまま倉庫~キッチンへ運ぶ。
キッチンで作業しながら洗面室の洗濯機へ最短でアプローチ。
廊下からスーツケースやゴルフバッグなどの大きい荷物を取って玄関に出たり。
と、いろいろな使い方ができます。→ 図面

R0012755-1280 R0012713-1280
【写真左】廊下側から見た倉庫
【写真右】倉庫から見た洗面室、浴室

洗面室
床材は、洗面室とつながりのある倉庫と同じコルクタイルを敷きました。
このコルクは水に強く、柔らかくて冷たくないため、脱衣室としても使用する洗面室には適しています。
洗面室とバスルームは、強化ガラスで仕切ったため、明るくて広がりも感じます。

R0012715-1280 R0012776-1280
【写真左】三面鏡になる洗面台
【写真右】洗面室からバスルーム

自然光の入るバスルーム
シャワー水栓はハンスグローエ製で、その横の壁にはタイルに合わせて鏡をはりました。
正面の窓からは日の光が入ってきて、バスタブに張った水がキラキラ。
バスタブの真上にハロゲンランプを設けたため、夜も昼と同じくキラキラと揺らめくお湯に浸りながら入浴できます。
このバスルームは、倉庫~キッチン~南側へと一直線に抜けるため、風通しがよく、すぐに乾かせるため、お手入れも楽です。

夜の洗面室からバスルーム
R0012947-1280 R0012750-1280
【写真左】キラキラ光るお湯
【写真右】バスルームからキッチン方面

引き渡し後、お客様からこんなメールが届きました。

・ ・ ・ ・ ・
お世話になりました、本当にありがとうございます。
なんだかまだ自分たちの家だという実感が湧かず、こんなに不思議な気持ちは久しぶりに味わっています。
私は帰宅すると発熱しており、38度以上で関節が軋みだしました。
苦手なこと(→片付け)が控えていると免疫力が途端に下がり、あっという間に発熱します。
明日の引越が心身ともにやや心配ですが、新居の素敵さを励みに頑張ります。
・ ・ ・ ・ ・

物件購入、設計、工事、引っ越し・・・様々な問題を克服しながらなので、お施主さんは大変だと思います。
よく新居に引っ越してから倒れてしまうという話も耳にしますので、引き渡し後はゆっくり楽しみながら引っ越しされるのがよさそうです。

引越し後
引っ越し後にお邪魔してみると、セラトレーディングの小物掛け(本来はタオルバー)にはたくさんのキッチン用品が掛けられていました。
適度な幅と強度、見た目の美しさで採用した物で、とても便利に使っているそうです。
キッチンの隣には大きな木のテーブルが置かれ、お気に入りの椅子が数種類置かれていました。
その背後の収納には、オーディオ関係~事務用品~キッチン用品が連続して納まっています。

R0013202-1280 R0014829-1280
【写真左】便利な小物掛け
【写真右】大きなテーブルとお気に入りの椅子達

R0014848-1280 R0014846-1280
【写真左】扉を閉めた様子
【写真右】扉を開けた様子

バスルームには子供グッズが置かれ、お風呂嫌いだったお子さんも喜んで入っているそうです。
シンプルな形状のシャワー水栓は、最初は引っかかりが少なくて慣れなかったが、コツをつかめば使いやすく、温度調整もできるので誤って熱湯がでることもなく安心とのこと。

R0013193-1280
【写真】子供仕様になったバスルーム

洗面の水栓は、グースネック型のデザインと、手の甲でハンドルを操作できるところから、お客様が選びました。
使用しての感想は、水栓そのものの問題ではないようですが、水栓と洗面ボウルとのバランスが若干悪いため、使用後の水はね、水溜まりが気になるそうです。
今回はセラトレーディングの水栓に、他社の洗面ボウルをセットしましたが、検討時には水栓と洗面ボウルの使い勝手を確認する必要がありそうです。
セラトレーディングの商品同士、又はTOTO商品とのセットであれば、セラトレーディングで水ハネなどのセット確認ができるそうなので、チェックしてもらうのもいいかもしれません。

私はよく竣工した家のキッチンを使わせてもらって使い勝手を確認するのですが、こちらもお借りしてパスタなどを作っていると、左右に長く、奥行きもあり、すぐ横にはキッチンツールがぶら下がり、背後も配膳台になるので、とても使いやすい!
ハンドシャワーが絶対条件で選んだキッチン水栓ですが、レバーが片手で簡単に操作でき、シャワーヘッドを引き出せるので、奥様にも満足いただけているようです。

キッチンを囲みながらワイワイ作った料理を大きなテーブルに並べ、お酒を飲んでお話をし、とても心地よい時間を過ごすことができました。

楽しいランチのあと
後日、アメリカにお住まいの映画監督のお友達が来たそうです。
滅多に褒めず、美しい物にこだわりが強いというそのお友達が、日本では宮島に引き続き、この家に賛辞を述べられたそうで、とても喜んでいました。
これは設計者としては大変嬉しいお言葉です!

しばらくして、この家にはもう一人娘さんが誕生し、いまは4人で幸せに暮らしていらっしゃいます。

おわり

* * * * *

6回に渡って、マンションリノベーションの計画から竣工までを「村上建築設計室」の村上 太一さんにご紹介いただきました。
次回は、実際にリノベーションをしたお客様へのインタビューをご紹介します。
お楽しみに!

Posted in リノベーション