.8 houseができるまで Vol.03

~空間、プランのスタディー~

物件が決まり、理想の空間を想像しながら空間の検討を始めました。
色々検討しても、何かすっきりしない、もやもやしたポイントがあり、うーん、うーんと検討していましたが、ある日もやもやが一つもなく「これだっ!」と、とてもすっきりしました。
それが今回お話するプランです。

まず、ワンルームが好きな私達といえども、いくつかのコア(=閉じた空間)が必要になります。生活に必要な要素を取り上げて、コア、半コアを考えてみました。
コアとなったのは、トイレ、収納です。この2つは、どうしても閉じたいと思いました。トイレもホテルみたいにオープンにするかどうかは迷いましたが、そこはコアにしました。(でも天井はありませんが)

150331_satoutei_co0630_web

さて、次は半コアです。風呂と寝室は、大きな開口で半分開けたような形にしたいと思いました。お風呂に本棚があるような、リビングにお風呂があるような、そんな空間が連続した気持ちよさと、半分囲まれた安心感を想像しました。

150331_satoutei_co0626_web 150331_satoutei_co0693_web

コア、半コアのイメージがつき、それから空間のつくり方です。コア達が長手によるか、短手によるか、それぞれ独立して空間の中に2箱あるか、またリビングと書斎は半透明につなげるか、などなど。色々と思い描き、自分の頭の中で、理想の空間の中を泳いでみました。
家族で住む家には、社会のようにprivateな行動と、publicな行動が入り混じっていますが、2つの箱の具合によって、2つの行動や領域が緩やかにつながることができました。

Posted in リノベーション