• ホーム
  • /
  • Q&A
  • /
  • 器具設置後に定期的な点検は必要ですか?​
Q&A

Q. 器具設置後に定期的な点検は必要ですか?​

A.

  • 商品を取付されましたら、日ごろのお手入れと点検をお願いします。
  • パッキンやOリングなどの消耗品や、逆止弁・バルブカートリッジなどの消耗劣化部品は定期的な交換をお願いします。
  • 10年以上ご使用されると商品本体が磨耗劣化している場合がありますので、商品の買い替えをご検討ください。
  • キャビネットなどに器具が隠蔽される場合も、定期的な点検(年2回以上)を行ってください。水漏れした場合、発見が遅れその他の家財や器具等に損害を与えるおそれがあります。
  • 水栓金具の水受けトレイは1回/月程度、トレイ内に水が溜まっていないかご確認ください。水が溜まっている場合は、速やかに取扱説明書にしたがって水抜きをお願いします。発見が遅れますと、水漏れにより、その他の家財や器具等に損害を与えるおそれがあります。

<定期点検のお願い>
水道水の安全性確保のため、第三者認証機関である(公社)日本水道協会より「給水用具の維持管理指針」が2004年4月に発行されました。
この指針では、断水などで給水管内に負圧が発生したとき、汚水が給水管内に逆流するのを防止するため、日ごろの給水用具の維持管理が必要であるとうたっています。当社は、水道法に基づく「給水装置の構造および材質の基準」を満たした商品を皆様にご提供させていただいていますが、商品が設置されたときの機能を保ち、安全な水を継続的に確保していくためには、給水用具を維持管理し、該当する部品については定期的な点検が必要になります。
当社は、この指針に従い、逐次商品に同梱している取扱説明書に定期点検時期や定期点検方法を記載してまいります。
取り付けされる方におかれましては、同梱している保証書に取付日を記載していただき、取扱説明書とともに必ずお客様へお渡しして、定期点検の必要性をぜひともご説明いただきたくお願いいたします。

last updated on 2018.04.25

戻る