加古川市 SUITE HOUSE K邸

絞り込み検索

2009.02.16
  • バックヤードからのLDK。LDKとデッキの水平レベルにより外部への空間の広がりと一体感を演出した。
  • スイートバスルーム。幾何学的なフォルムとバスの優美な曲線が洗練された空間をもたらした。

人と楽しむ空間

人と楽しめる空間をコンセプトにしたリノベーション。耐震改修の上で、全体を”ひとつながり”のSUITE空間としている。これは、たくさんの友人や客人の訪れる機会が多いクライアントの強い要望であった。”ひとつながり”の空間の中で変化を設ける為、既存屋根が低かった洋間は地下まで掘り下げ半地下とし、リビングに設けられたイタリア製薪ストーブで空間に暖かさとゆとりをもたらした。 密集した住宅地という条件の中、大開口の窓で外との異空間を表現する為、バックヤードにウォールを設け内部からの開放感を最大限に演出した。バスルームでは、入口にiPodを差して天井スピーカーから流れ出るサウンドで癒しの空間を楽しみ、トイレフロアーを幻想的な光床仕様としている。たとえバスルームというスペースであっても客人が楽しむということにこだわった。

Before

  • 外観。外部照明は全てこだわりのLEDとした。
  • 玄関ホール。玄関ホールの曲線が客人を優しく迎え入れる。 廊下の照明は敢えて壁面を照らし空間の変化と奥行きを演出。
  • リビングにイタリア製薪ストーブを設置。壁はストーン貼りとし、空間の中に暖かみをもたらした。
  • 既存屋根が低かった洋間は掘り下げ半地下として、ひとつながりの空間の中で変化を出した。座した時の目線の変化が人を楽しませる。
  • キッチンからバックヤードを望む。このキッチンに立った位置からの眺めに特に配慮した。
  • キッチンカウンターはスペイン製大理石を貼り、バーカウンター仕様とした。
  • バスルーム。ツインボウル、シャワー水栓はすっきりとしたデザインで統一。洗練された美しさが空間のクォリティーを高めた。優美な曲線を描く据置バスと美しいBGMでバスタイムを優雅なものに。
  • シャワーブース・ドレッシングブース。ガラスのシャワーブースで透明感を出し、ドレッシングブースはケニアヴェンゲ柄でアクセントをつけた。
  • レストルーム。床は光床仕様にし、通常ソリッド感をもつ陶器が、浮遊するような幻想的な美しさとなった。
  • クライアントは書道を教えているため、独立した箇所に和を演出した部屋を設けた。わらスサ入り土壁や和紙貼りの壁で質感を出し、坪庭のつくばいや紅葉(もみじ)により和をさらに演出した。
  • バックヤードウォール。ウォールにクライアントの趣味であったクライミングのホールドを設置。ストライクカラーのアクセントが遊び心と楽しみをもたらした。

設計事務所

TBJインテリアデザイン事務所

住所 〒675-0017 兵庫県加古川市野口町良野1524番地
TEL 079-427-0590
FAX 079-427-0597
URL http://www.tbj-design.jp/
代表者 北村 和康
担当者 北村 和康

建物概要

名称 SUITE HOUSE K邸
所在地 兵庫県加古川市
施主(事業主体) 個人
設計(監理) TBJインテリアデザイン事務所
施工 東播住設有限会社
工事期間 2007年11月1日〜2008年3月30日
建築用途 戸建住宅(リフォーム)