富士市 富士の住宅

絞り込み検索

2012.05.07
  • 南側ファサード面は、木ルーバーで覆うことでRCの無機質な印象を柔らかくしている。
  • 2Fリビング・ダイニング・キッチン・インナーテラスとその奥に見えるテラスが吹抜けと一体となって、縦方向と横方向への抜けを作っている。また、リビングは施主の希望で畳敷きの床座となっている。

傾きが広がりをつくるすまい

計画地は、敷地・法面・公園まで含めた特徴的な北方向の断面形状を生かすために、全体ボリュームの断面を外部環境との関係性から導き出すこととし、南北に傾きをもつ空間構成を提案することになった。

1Fに趣味室、和室、主寝室を配置し、2Fは水まわり、LDK、プライベートなテラス、インナーテラス、3Fには富士山の見えるテラスと予備室を配置した。
内部空間は、南北の壁を傾けたことで、リビングに広がりを作り、2Fのテラスには南からの光が北側テラスから回り込むようになっている。また、リビングは施主の床座の生活の希望により畳敷きとし、柔らかい空間となっている。

北面は公園からの視線を遮る為に、木ルーバーを配置し、南面は軒を作り直射日光を遮っている。また、木ルーバーにより、RCの無機質になりがちなファサードを柔らかい印象に変えている。
富士に住む施主夫婦には、富士山は日常化された風景となっており、改めて見ることもなかったようだが、3Fに富士山を望めるテラスを作ったことによって竣工後、施主から、富士山のある風景の美しさを再認識したと伝えられ、うれしく感じた。

  • 法面の上から北側外観を見る。屋根にはルーバーを設け法面からの視線を調整している。
  • 天気の良い日は、3Fテラスから公園越しに富士山が望める。
  • キッチンからリビングを見る。畳敷きの横には作付けのソファーを製作している。
  • 浴室は清潔感のある白いタイルを基調とし、壁にニッチを作り、小物が置けるようになっている。
  • 洗面からテラスを見る。テラス上部にはルーバーを設け外からの視線を遮っている。
  • 3F予備室。腰壁までの高さの本棚が続き、その先は富士山が望めるテラスに出られる。
  • 法面上から、斜めに傾いた北側壁面・法面・公園・富士山をみる。

設計事務所

LEVEL Architects

住所 〒140-0014 東京都品川区大井1-49-12-305
TEL 03-3776-7393
FAX 03-6412-9321
URL http://www.level-architects.com
代表者 中村和基+出原賢一

建物概要

名称 富士の住宅
所在地 静岡県富士市
施主(事業主体) 個人
設計(監理) LEVEL Architects
施工会社 井上建設株式会社
工事期間 2010年9月〜2011年4月