横浜市 和泉の家

絞り込み検索

2013.06.03
  • リビング。木製サッシには全開放できる障子も仕込まれている。杉の格子のTV台は棟梁の造作で背面はスタディーコーナーになっている。
  • 玄関。軒裏の垂木は化粧仕上げとした。玄関ドア、縦すべり出し窓共に造作。

OMソーラーと木組の空間

周辺環境は昔ながらの住宅地で、施主の生家の建て替えである。施主は周辺環境を十二分に把握していることから、風の抜けや日射について色々と意見を交わし、全体の設計に取り入れた。

今回の設計では、太陽熱を利用するOMソーラーを採用した。快適で省エネルギーな住環境を生み出すこのシステムは、集熱の際に取り込む新鮮な外気を、暖房・給湯・換気に利用する。夏場は換気とお湯とり、冬場は床暖房に有効活用することができる。

仕上げ材は自然素材にこだわった。梁は紀州の杉、床は厚み30mmの無垢の杉、壁は珪藻土左官仕上、天井は紙クロスと自然素材でまとめている。格子の玄関・家具などは、木組みの表情を出来るだけ豊かにみせるように考慮した。白い珪藻土の左官仕上げ、着色をせず仕上げた杉の色、格子の陰影の融合する仕上がりになったと考えている。

  • 玄関の下屋の杉格子。門柱機能も兼ねている。軒樋はガルバリウムの丸樋。道路側には植栽を計画している。
  • スタディーコーナーからリビングを見る。左手の和室は障子で仕切られ、全開放することでリビングと一体化する。
  • ダイニングからリビングを見る。窓側の吹き抜け床はすのこのキャットウォーク。
  • 1階のトイレに併設した洗面ボウル。来客の使用を考え、明るくすっきりとまとめている。
  • 吹抜。手すりはスチール。小さな子供がいるため、落下防止に透明のポリカーボネートをはめた。
  • 2階の洗面室。杉材とモザイクタイルがナチュラルな雰囲気を演出している。
  • 2人で使用しても問題のない大きさを希望されたため、W860mmの洗面器を採用した。

設計事務所

株式会社 加賀妻工務店

住所 〒253-0085 神奈川県茅ケ崎市矢畑1395
TEL 0467-87-1711
FAX 0467-87-1713
URL http://www.kagatuma.co.jp/
代表者 妹尾 喜浩
ご担当者様 高橋 一総 代田 倫子 鈴木 明宏

建物概要

名称 和泉の家
所在地 神奈川県横浜市泉区
施主(事業主体) 個人
設計(監理) 株式会社 加賀妻工務店
施工会社 株式会社 加賀妻工務店
工事期間 2012年9月〜2013年3月
建築用途 住宅