絞り込み検索

2018.02.01
  • ブラックウォルナットの挽き板を扉に使用したペニンシュラキッチン。
    クォーツを原料とした天板に映える水栓を探し、美しい弧を描くフォルムがシンボリックなKWC製「ZOE」を採用。

本物の素材が調和する家

素材にこだわりを持つお施主様は「次世代へ伝える本物の空間をつくりたい」と希望された。

木の温かな安らぎと、豊かな生命力をお子様達に実感して欲しい。そこで選択したのは樹齢100年以上の天然木をふんだんに使ったインテリア。
床材・サッシ・ドア・キッチン・造作家具にいたるまで、全てブラックウォルナットに統一。木の杢目が綺麗に見える魅せ方を追求し、樹種が持つ上品で落ち着いた印象を更に際立たせている。

左官仕上げの壁、クォーツを使った天板など、天然の素材を組み合わせ、本物の心地良さを五感で感じる空間となった。

ここで過ごす日々は幸せな家族の温もりと共に、ご自分のお子様達もきっと伝えていくであろう豊かな暮らしの記憶が育まれている。

  • 家の中央に位置するパティオから風にそよぐシンボルツリーを眺めると、心地良い光がふりそそぐ。
  • 間接照明が印象的なテレビボードは、壁一面造り付けとした。
    既存のテレビはガラスモニターの裏に設置し、存在を消すことで、非日常的な空間を演出した。
  • 目指したのはホテルライクなパウダールーム。
    ミラーの上下には間接照明で高級感を醸し出す演出を。
    2ボウルのうち、片側は座ってお手入れ出来るよう下をオープンスペースとし、ゆったりと過ごせるスペースになった。
  • お施主様の趣味である音楽を思う存分楽しむためのオーディオルーム。
    壁面にはお気に入りのコレクションを見渡せる収納棚を設置した。高い吹き抜けが心地よく音を響かせてくれる。
  • 鉄骨階段の段板に、厚みのある無垢材を合わせた。
    異素材の調和がそれぞれの素材を引き立たせ、一段一段ごとに表情が変化する魅力的な階段となった。
  • ご夫婦の寝室は部屋をゆったりと使い、身も心も休まる空間に。
    クローゼットの扉には、スタイリッシュなガラスのパーテーションを採用。洗練された大人のリラックススペースを実現した。
  • 活発なお子様達のために光をたくさん取り込める部屋に。
    カラーは元気な発色のビビットカラーを中心に使い、色彩感覚を刺激する楽しい子供部屋に仕上げた。

設計事務所

株式会社 ウッドワークス

住所 〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内リビングデザインセンターOZONE5F Aria&Aura
TEL 03-6911-3151
FAX 03-3347-1727
代表者様 河井 頼継
ご担当者様 高野 晃子
URL http://www.aria-aura.jp

建物概要

名称 K邸
所在地 大阪府大阪市
施主 個人
設計+監理 一級建築士事務所 株式会社 カクオ・アーキテクト・オフィス
施工 ヨシヤス建設
工事期間 2015年1月~2015年7月
建築用途 住宅