神奈川県 a OISO La

絞り込み検索

2019.07.01
  • ロケーションに一目惚れして、築50年の平屋を購入しフルリノベーション。装飾的な要素を排除し、ミニマルかつヒューマンスケールの心地よさを追求した、建築家とインテリアデザイナーの自邸(セカンドハウス)。

大磯の豊かな自然に身をゆだねる 海一望の小さなヴィラ

緑に囲まれた高台、相模湾が一望できるロケーションに一目惚れ。約70m²の木造住宅の構造フレームを活かしつつ、耐震・断熱性能等の基本性能を十分に上げるべくフルリノベーションを行った。
都心での慌ただしい日常からリセットできる場所として、非日常を感じることができるよう、海側に面した大開口に向けて、伸びやかなキッチンを配置。キッチンを中心として、部屋の間仕切りをつくらない開放的なプランとした。水まわりも同様、洗面、トイレ、浴室間の仕切りを設けず、ミニマルな洗面ボウル、スタンディングバスタブを採用。水まわり面積を贅沢に確保し、足を踏み入れた瞬間、はっとするような白い空間を実現した。
仕事柄、常に新しいものに触れる機会が多いため、逆に自邸では、既製のものではない、ひとつひとつ手間と時間をかけてつくり上げた温かさや、完璧でないものの心地よさを取り入れたいと考えた。友人30人で焼き上げた焼杉の外壁や、ワークショップを開催し、たくさんの友人の力を借りて完成させたポーターズペイントの内装壁など、完成までの過程が伝わってくるような、味わい深く温もりある建物となった。
木々に囲まれたこちらの住まいは、木漏れ日の柔らかな光が心地よく、その光の陰影が美しく見えるよう、内装は徹底してマットなテクスチャーと自然由来の色を追求。キッチンのカウンタートップは、Arttexという耐水性の左官仕上げとし、そのマットな風合いに馴染むものとして、水栓はステンレスでミニマルなデザインのKWCを採用した。
ここは高台に位置するため、夏でもエアコンが必要ない。窓廻りにはあえてカーテンも設けず、鳥のさえずりと朝の爽やかな光で目覚め、清々しい風を感じながら休日を楽しむ。室内にいながらも、自然の息遣いの感じられるコンパクトな平屋はとても居心地の良い場所。外構は、これからゆっくり時間をかけて仕上げていく。自邸ならではの余白を残した未完成さも、また今後の楽しみのひとつである。

  • 緑を切り取ったような自然のアートと、暖かな照明の光と壁が、リビングスペースを柔らかく包み込む。造作のソファはベッドとしても使用できる。​
  • 建物の中央に位置する大開口からは、遠くに相模湾を一望することができ、海から山に向かって抜ける風が心地よい。​
  • 家の中心には、造作のキッチン兼ダイニングテーブルを配置。Arttex左官仕上げのソリッドなデザインのキッチン。そしてダイナミックなオーク集成材のテーブルは、ホームパーティーでも大活躍。
  • KWCのミニマルなデザインとマットなステンレスのテクスチャーが今回のコンセプトにフィットした。洗面室への入り口は、ヴィヴィッドなブルーの塗装仕上げとし、グレイッシュな空間のアクセントとした。
  • 上がり框を設けず、海外のレジデンスのようにフラットなつくりとしたことで、入った瞬間すっとその空間に馴染む感覚を大事にした。壁面にはアートを設えるのではなく、グレーの塗装壁に描かれる、移ろいゆく光のかたち自体が自然のアートであると考えた。

設計事務所

アーオ建築事務所

住所 〒112-0003 東京都文京区春日2-26-11 大元社ビル3F
TEL 090-3502-1542
代表者様 大塚 彰宏
ご担当者様 大塚 彰宏(設計) / 金子 仁美(内装デザイン)
URL http://www.a-o-design.com

建物概要

名称 a OISO La
所在地 神奈川県中郡大磯町
施主 個人
統括設計 アーオ建築事務所
施工 アクアハウス有限会社
工事期間 2018年6月~2018年8月
建築用途 住宅(セカンドハウス)