兵庫県 風棲家

絞り込み検索

2020.03.02
  • 三方が道路に面しているため、外周部に対して大きく開かれた、特徴的な外観を形成している。これを室内から見ると、外周部の景色が取り込まれ、視覚的な広がりが生まれている。
  • 建物は3方向(東西南)道路に面している。東南角より建物を西向きに見ると、コンクリートスラブの力強さと、大胆な開口部の抜けの対比が面白い。

自然に寄り添い、風を取り込む棲家

自然風を使い、エアコンに頼らない生活をするための家。そんなコンセプトにピッタリなのが、2つの川に挟まれて、三方が道路に面している、この計画地である。しかし、真夏の暑さの中、エアコンなしで生活するには、色々な工夫が必要である。そこで、周囲の緑と風を取り込む(借景)仕掛けとして、開口部廻りを工夫する必要がある。開口部を3方向で出来るだけ広く確保するために、構造壁は最小限に留め、本来の室内⇔ガラス戸⇔網戸の関係性を見直し、ガラス戸と網戸(実際は網入り格子戸)の間に距離を持たせ、そこを影が生まれる中間領域とし、格子戸(網戸)越しに、京都の千本格子のように涼しい風を作り出す仕掛けとした。この網入り格子戸は、季節や時間帯ごとに光と影をコントロールし、影絵のように木陰を映し出し、室内の表情を変化させる。それによって、日々室内環境が変化する建築は、まるで生き物のようであり、「もの」とは対極にある存在となる。建築はそもそも人々に寄り添う生き物のような存在ではなかったか。「もの」と化した建築に、生命は感じられない。人は齢を重ねるごとに味わいが出てくるが、「もの」にはそれがない。ただ古びるだけである。昔、建築は古美なければならないと教わった。綺麗な建築よりも美しい建築がよい。光や影の移ろいを楽しめる建築は詩的で美しいと思う。つまり、この家は「綺麗なもの」で溢れかえる芦屋の住環境に対するシニカルなメッセージでもある。そして、昨今の日本の住宅は、様々な機械設備に頼らなければ住まいとして成立しないことを、各地の自然災害が証明しているが、本当にそれで良いのだろうか?昔ながらの住まいは、多様な機能を持った建具で仕切られ、開け放つとまるでピロティ―のように、涼しい風が流れていた。風がない日には、団扇や風鈴、打ち水等、随所に生活の工夫が見られたが、それが生活の知恵である。この、ほぼ屋外のような家で暮らすには、日々生活の知恵が必要であるが、それこそが人間らしい生活ではないかと思っている。

  • 寝室⇔中間領域である外部テラス⇔道路沿いの緑地帯⇔道路の関係性や距離感がよくわかる。
  • リビングよりキッチン方向を見る。室内壁は、風の通り道を塞がないように、室内のどの方向を見ても、格子戸(外部)が見えるよう、配置されている。
  • LDKは北面を除いて全面開口部に面しているため、外周部の風景を取り込む(借景)ことで、視覚的広がりを得ている。
  • この家のお風呂場も例外ではなく、中間領域(外部)に面しているため、季節の良い時期は、露天風呂となる。
  • ラウンジスペースからは、西に安井武雄設計の滴翠美術館、東にフランクロイドライト設計の山邑邸が望める。共に芦屋を代表する建築である。

設計事務所

T-Square Design Associates

住所 〒540-0031 大阪府大阪市中央区北浜東1-29 北浜ビル2号館10F
TEL 06-6937-8055
FAX 06-6937-8056
代表者様 津田 茂
ご担当者様 津田 茂
URL http://www.t2designassociates.com/

建物概要

名称 風棲家
所在地 兵庫県芦屋市
施主 個人
統括設計 T-Square Design Associates
施工 いなせ建設株式会社
工事期間 2018年10月~2019年6月
建築用途 住宅