東京都 外苑前C邸

絞り込み検索

2020.11.02
  • 採光が豊かな明るいリビング。掃き出し窓に囲まれ少し落ち着かない空間であったが、一部腰壁を造作し、スタイリッシュなレースシェードを窓に取り付けた事で、外部から切り離され、落ち着きのあるリビング空間となった。リビングとダイニングを切り分けるような意図としてて、折り上げ天井のデザインを工夫した。家具はモダンなものをチョイスし、アクセントに赤色のラウンジチェアとクッションを取り入れた。

エレガントとモダン、二面性のある高級マンションリノベーション

都心にあるヴィンテージマンションのリノベーション事例。
リノベーション前の部屋は、風格のある框扉など、重厚なつくりのヴィンテージ空間だった。お施主様のご要望であった「モダンなイタリアン家具が似合う、エレガントモダンな空間」に、元々ある良質な建具や枠などを残し、框扉の装飾要素を一つのモチーフとして空間デザインを考えた。

装飾付きの框扉は、グレージュ色に塗装し、壁にはモダンな框風の掘り込みデザインを施して、古さと新しさ、エレガントさとスタイリッシュさが、同居する空間をつくった。
キッチンはカウンター上にスライド扉を設けて、セミオープン式とした。来客がある時や生活感を見せたくない場面では、扉を閉めることで、クローズキッチンに変身させることができる。
間取りは、リビング、キッチンスペース、来客用トイレの拡張を行った。空調設備、水まわり設備も床下の配管から新しいものに入れ替え、住まい全体の機能性もアップした。

洗面台や、トイレには、実際にお施主様とショールームへ行き、体感しながら決めたセラトレーディングの洗面・手洗ボウルと水栓を採用した。シンプルでありながらデザイン性が感じられ、お手入れのしやすさ、扱いやすさがお施主様の一番の決め手となった。

  • リビングの壁面には、黒色のサルバトーリ(加工大理石)で仕上げた、テレビボードとワインコーナーを造作。柱型を利用して、フレームを施し、壁に組み込んだようなデザインとしたことで、中央の太い柱も、気にならない仕上がりになった。ダークな色合いが入る事で、お部屋全体が引き締まり、モダンな印象のリビングとなった。
  • クラシカルな雰囲気のダイニング。大理石天板のテーブル上部には枝を張り伸ばしたようなシャンデリアを設置。奥のキッチンはセミオープン式となっており、2枚の扉を閉めればクローズキッチンにすることもできる。壁には既存扉のデザインモチーフを活かした、掘り込みの装飾を施した。
  • 黄色っぽいオーク木目柄だった玄関の扉は、グレージュ色に塗り直し、床は雰囲気にマッチするグレーの大理石調タイルを採用。靴収納は新しく作り直し、扉の表面にはカラーガラスを使用。光沢感が出て上品な姿となり、同時に収納量もアップした。外出前の身だしなみチェックのため、玄関扉の横には、姿見鏡も取り付けた。
  • 元々ある良質な建具はグレージュ色に再塗装し、床はオークの幅広フローリングに張り替えた。正面奥に見えるリビング入口の扉は、何か特別感のあるデザインにして欲しいとご希望があり、「黒檀」を使った鏡面引き戸とした。袖壁にガラスを入れて、窓のない廊下・玄関ホールに光を入れている。写真右下には、靴の脱ぎ履きや、買い物の荷物置きに利用できる、コンパクトなベンチを備え付けた。
  • 浴室と一体化した明るく開放的な洗面室。
    大理石柄の大判タイルを間口いっぱいに配し、洗面ボウルとパウダーコーナーを一体でデザイン。ミラーキャビネットの奥行きと浴室の小窓の枠を揃えて、光が眩く回り込むようにした。
  • モダンカラーの清潔感ある洗面室をお施主様がご希望されていたので、お掃除のしやすい洗面ボウル(CEL1691)と、扱いやすくデザイン性も良い水栓(KW2191032S)を採用した。洗面ボウル隣のスペースは、イスを置いてメイクが出来る、奥様のパウダーコーナー。
  • 浴室はオーダーユニットバス。大理石柄タイルを使用して、高級感あるバスルームに仕上げた。ご主人様のご希望で、ジェットバブル機能付の高性能バスタブを採用。床の排水口フタもタイルで仕上げ、タイルの割付など、細かいところまでこだわって作った。

設計事務所

カガミ建築計画

住所 〒108-0071 東京都港区白金台3-12-2-303
TEL 03-5789-4146
FAX 03-5789-4146
代表者様 各務 謙司
ご担当者様 各務 謙司、竹田 怜未、神崎 真里奈
URL http://kagami-reform.com/

建物概要

名称 外苑前C邸
所在地 東京都渋谷区
施主 個人
統括設計 カガミ建築計画
施工 リフォームキュー
工事期間 2019年4月~2019年9月
建築用途 住宅