福岡県 東峰村 古民家ヴィラ「あんたげ」

絞り込み検索

2021.12.01
  • 南東側からの俯瞰。竣工当時の外観に戻しつつ、宿泊施設としてリノベーションした。

〜棚田を未来へ繋ぐ土間空間〜

福岡県東峰村で2018年に開催されたこのコンペは、古民家を宿泊施設にリノベーションし、高齢化による農地(棚田)や景観の保全をしながら、竹地区に新しい仕事を創出しようという試みであった。

東峰村・竹地区の棚田は、日本棚田100選に選ばれる風光明媚なところ。既存の古民家は、その棚田の中で増改築を繰り返していた。我々は、この古民家を本来の姿に戻し、床のおおよそ1/3にあたる部分に、上下の棚田を繋ぐ土間空間を挿入することを提案した。

土間空間は既存の天井を抜き、梁レベルにロの字型の水平補強を施し、古民家が本来内包している小屋裏空間を大きな吹き抜け空間として表出させた。
古民家特有の勾配屋根のもと、利用者は太く大きな丸太梁が飛び交うダイナミックな空間に包まれる。土間空間の南北の壁は、内部からも石垣が見えるよう開放し、棚田の中にいることを身体で感じることができるようにした。
土間には大きなキッチンを置き、宿泊者はもちろん、宿泊者以外の人も料理教室や食事会などのイベントに参加ができる。
この土間空間を挟んで、棚田側には八女長野石を使った浴室などの水まわり空間、道路側には既存の古民家の部屋割りを利用して、和室と寝室を計画した。

どこにいても棚田を感じられるこの建築に対し、上品にさりげなく必要な機能を叶えてくれる、セラトレーディングの製品を採用した。

  • 東峰村の山々を眺められる連続した土間空間。
  • 既存の意匠を踏襲しつつ、掘りごたつを設けて改装した室内空間。
  • 既存の意匠を残しながらも利用者のくつろげる寝室空間とした。
  • 棚田の風景に開いた浴室。
  • 周辺環境を考慮して照明を計画した。

設計事務所

納谷建築設計事務所 + OYA/岡田祐介建築設計事務所

住所 〒211-0016 神奈川県川崎市中原区市ノ坪127 KYOTOYAビル1F
〒811-1345 福岡県福岡市南区向新町1-10-26-105
TEL 044-411-7934
092-515-8363
FAX 044-411-7935
092-515-8363
代表者様 納谷 学・納谷 新
岡田 祐介
URL http://www.naya1993.com/
http://oyarchi.com/

建物概要

名称 東峰村 古民家ヴィラ「あんたげ」
所在地 福岡県朝倉郡東峰村
施主 東峰村役場
施工 株式会社 南里住建
工事期間 2019年6月~2020年3月
建築用途 ホテル