デザイナーのためのヨーロッパホテルガイド 〜水まわり編〜 Vol.69

ネストル・ホテル・ルートヴィヒスブルク(ドイツ・ルートヴィヒスブルク)

2009.11.24

nestor Hotel Ludwigsburg

Add: Stuttgarter Strasse 35/2 701638 Ludwigsburg
Tel: +49 (0) 7141/967-0
Fax: +49 (0) 7141/967-11
E-mail:
ludwigsburg@nestor-hotels.de
URL:
www.nestor-hotels.de

昔はドイツ帝国軍のパン工場、小麦倉庫だった建物がビジネスホテルになった。

  ポルシェ・ミュージアムからはシュトゥットガルト市街に戻らずに北へ少し車を走らせバロックの街ルートヴィクスブルクに宿をとった。バロック宮殿に近い「ネストア・ホテル・ルートヴィクスブルク」は19世紀末の煉瓦建築とコンテンポラリーなインテリアデザインが調和する。ホテルの建物はもともとドイツ帝国軍の駐屯部隊の糧食部とパン製造工場として建設された。インダストリアルなタッチのグレーの鉄柱がその名残を残している。今のホテルの空間で兵士達のパンが焼かれていたとはなかなか想像は難しい。「カミーノ」のように歴史と現在が共生しているホテルだ。
(アウディのインゴルシュタットとBMWのミュンヘンのホテルは次回に続きます。)


シュトゥットガルト通りの広場に面したエントランス。






ガラスの天井から夜空もきれいなエントランスホール兼吹き抜けのバー「ミーティングポイント」。
レセプションホール&ロビーのラウンジ。

レストラン「ウィンターガーデン」。

ブレックファースト・レストラン。


オレンジをアクセントカラーにしたモダンなゲストルーム。






バスルームはオリジナル建築の鉄柱が独特の雰囲気を出してくれる。(水栓&シャワーがCosima,便器はALLIA)




翌日は午前中にドイツ最大のバロック宮殿「レジデンツシュロス」を見学。シュヴァーベン地方のベルサイユ宮殿とも言われる。

城内のバロック劇場。

セルフサービスのカフェテリアにはシュテファン・ディーツのデザインしたソファがバロック空間にマッチ。