デザイナーのためのヨーロッパホテルガイド 〜水まわり編〜 Vol.75

ホテル・ル・キャンベラ (フランス・カンヌ)

2010.10.20

Hotel Le Canberra

Add: 120, rue d’Antibes 06400 Cannes France
Tel: +33.4.97.06.95.00
Fax: +33.4.92.98.03.47
E-mail: hotel.canberra@hotels-ocre-azur.com
URL: http://www.hotel-cannes-canberra.com

エレベーターを出ると本当にこのカップルが廊下にいると錯覚して戸惑ってしまう写真。

アンティーブ通りに面したジュニアスイート。

ここではソファがピンクのアクセント。


ベッドはシルバーの輝きに縁取られる。白いキルティングしたレザーのベッドヘッドに鏡面のフレームが付く。往年のハリウッドスター女優の楽屋のイメージもある。
ミニバー上の棚の奥が鏡張り。

下のレセプションカウンター、ベッドヘッド、そしてスツールと白いレザーのキルト仕様を巧みにバリエーションしてデザイン。

パリのピエール・フレィ社に特注のカーテン生地。

木目が美しいバスルームへのドア。


ドアを開けると、星屑のようにキラキラするカウンターに四角い洗面器、石と陶の黒いマテリアルの存在感がずっしりと伝わる。

漆のように光沢ある黒いタイルと石に囲まれトレンディなトイレ。便器とペーパーの白が鮮やか。

メタリックなヒーターが黒いタイルによく映える。

洗面台の水栓がアクサーチッテリオだった。鏡の楕円のフォルム、洗面器の長方形のフォルムともよくマッチしている。紫の色合いを帯びたプラスチックの歯磨きコップはキプロス製。

くるりと巻いてバスローブの掛け方にも気遣いが感じられる。

パリの人気エステ、アンヌ・セモナン社のナチュラルな香りのアメニティ。

壁の丸い鏡とは対照的に拡大鏡は角ばっている。


バスルームのライトをつけるとサプライズ!バスタブ上の天井照明がピンクに光るのだ。白いバスタブがピンクに光り輝く。お風呂に入るとピンクのお湯に浸かっている気分。シャワーはハンドシャワーのみでヘッドがハンスグローエ社の「クロマ」。
CERA SPECIAL MEMBERSHIPにご登録いただくと、海外ホテル水まわり情報や国内納入事例などタイムリーな情報をお届けいたします。