デザイナーのためのヨーロッパホテルガイド 〜水まわり編〜 Vol.83

グラン・ホテル・ドゥ・ラ・レーヌ(フランス・ナンシー)

2013.03.18

Grand Hotel De La Reine

Add: 2 Place Stanislas, Nancy, 54000, France
Tel: +33(0)383350301
Fax: +33(0)383328604
E-Mail: nanc@hoteldelareine.fr
URL: http://www.hoteldelareine.com

世界文化遺産にも登録され究極のロココ様式の美しいスタニスラス広場に面し、紫色にライトアップされたホテル。バーは広場にテラス席も出る。

左手のロレーヌ国立歌劇場と双子のよう。

レセプション。

レセプションとカーテンで繋がるサロン。


レセプションホールから客室への階段。黒とゴールドのロココ様式の手すりな見事な鉄細工。

  ストラスブールに滞在したのは、実はナンシーにオペラを観に行った帰りの途上で、せっかくロレーヌ地方まで出かけるならアルザス地方にもと寄り道したのだった。世界最高のカウンターテナーが5人も勢揃いするということで、これを逃したら二度と経験できないだろうバロックオペラ「アルタセルセ」が上演されたからである。というわけでスタニスラス広場に面したオペラ座のお隣さんという願ってもいないロケーションの「グラン・ホテル・ドゥ・ラ・レーヌ」に泊まることにした。創業1889年という伝統あるホテル。元来はルイ15世時の18世紀に建設された宮殿で、ホテルのインテリアもルイ15世スタイルを意識している。ルイ16世との結婚を前に14歳のマリー・アントワネットがヴェルサイユへの道のりで滞在したことでも有名だ。ネットで検索すると外観は立派でも中は落ちぶれたとか、埃をかぶっているとか良い評判でないので何も期待していなかったのだが、ドアを開けるとなんと「王妃の館」というホテル名に恥じないエレガントで気品ある素敵な部屋が現れて、きつねにつままれたよう。2012年4月に全43室トータルリニューアルデザインされていたのだった。




窓から広場が見える「スタニスラス・バー」とその奥のサロン。歴代のゲストの写真も壁を飾りホテルの歴史がうかがえる。




ストライプのシルクサテンの真珠色の光沢がとても上品。壁にはスタニスタス広場の芸術的写真が飾られる。ファニチャーはルイ15世スタイル。ベッドに置かれた正方形の琥珀色のキャンデーはナンシー特産のベルガモットのキャンデー。





大きな窓で明るく広々としたバスルーム。一脚で二人分に分かれている洗面台。



隣のオペラ座。内装も華麗なるバロックオペラを鑑賞するのに理想的。

カーテンコールはブラボーの嵐。ちなみに美しいドレスでプリンセスに見えるのもカウンターテナーの男性歌手。
CERA SPECIAL MEMBERSHIPにご登録いただくと、海外ホテル水まわり情報や国内納入事例などタイムリーな情報をお届けいたします。