.8 houseができるまで Vol.02

~倉庫探しからのマンション発見~

いつか分散型の集落のような「.8 village house」を作るのが理想ですが、まずは「.8 house」ができるまでのお話です。

究極のワンルームが大好きな私たち。部屋は閉じているのではなく、どーんと広く、そこに色々な機能が緩やかにつながっているイメージがありました。
一戸建てを建てる予算はありませんでしたので、なるべく天井が高くて、広いワンルームとなる倉庫を探しました。
ニューヨークのSOHOみたいなロフトがあって、階段があって、玄関ドアがとても広くて、昼間は開け放しちゃうイメージです。
知り合いの不動産屋さんに、倉庫を探しているのということで依頼しましたが、大きかったり、建物丸ごとだったり、なかなかちょうどいいサイズが見つからないものですね。
それから、住宅ローンの壁にもあたりました。住宅ローンは、住宅にしか使えないのですね。住宅ローンを使うには、購入前に持ち主さんに倉庫から住居へ用途変更して頂かなくてはならなくて、住宅ローンを組むにも審査があるので、審査に通ってない人と契約前に用途変更してもらうことは非常に困難らしいです。よほど理解の在るオーナーさんでないと。
そんなこんなで、不動産屋さんからは物件の連絡がほぼ来なく、(倉庫物件は、不動産屋さんにもなかなか来ないのですね。)主人がSUUMOでマンションの物件を見つけてきました!なんと一軒目で見つかったんですよ。
約10mx6.5mと正形に近く、長手と短手に窓がたくさん。全部で、はきだし窓が5つも!
そして、角が南、つまり窓面が東南と西南で、方角もパーフェクト!

7V3A4493_web 7V3A4528_web
7V3A4498_web 7V3A4525_web

庭好きな私は、念のため庭付き物件も見てみました。でも壁構造で天井も低く(壁構造だと、ワンルームには不向きなので)庭はあきらめました。
でも、この物件、いろいろいじれそうで、可能性が詰まっていました。どんな設計をするか、とてもやりがいのある間取りです。

Posted in リノベーション