増田信吾+大坪克亘展「それは本当に必要か。」(TOTOギャラリー・間)

建築・デザインの専門ギャラリーTOTOギャラリー・間では1月16日(木)より、独自性に富んだ建築作品を生み出している若手建築家ユニット増田信吾+大坪克亘の個展「それは本当に必要か。」を開催しています。

たった1枚の住宅の塀から設計活動を始めたふたりは、その後、初期の代表作「躯体の窓」や「第32回吉岡賞」を受賞した「リビングプール」により高い評価を受け、建築界の注目を集めました。


〔写真左〕躯体の窓(千葉県、2014年) ©Anna Nagai
〔写真右〕リビングプール(山形県、2014年) ©Anna Nagai

彼らは、敷地のなかで「場」に大きく影響する境界や窓、躯体、基礎といった部位に着目し、大胆な解決方法を提示します。その際、そこで営まれる生活や周辺環境に対しても細やかな「観察」と「診断」をおこない、場に大きく寄与する対象を見極めて設計すべき「計画」へと導いて行きます。その行為からは、恣意的なものを排除して客観的に対象と向き合おうとする、ふたりの設計に対する純粋な姿勢がうかがえます。
その過程を経ているからこそ、周囲と溶け込みながらも強い存在感を与える彼らの建築は、私たちの既成概念をくつがえし、日頃見慣れた風景が違って見えるような新鮮な感動を与えてくれるのです。

本展覧会では、増田信吾+大坪克亘の初期の作品から「始めの屋根」「街の家」「つなぎの小屋」「庭先のランドマーク」などの近作までの設計過程を敷地模型やモックアップにより紹介します。本当に設計すべきことをどのように見出し、環境の中で定着させていくのか、彼らの探求の軌跡をご覧いただけます。


〔写真左〕始めの屋根(東京都、2016年) ©Anna Nagai
〔写真右〕つなぎの小屋(神奈川県、2018年) ©Anna Nagai

なお、TOTOギャラリー・間での展示に伴い、セラトレーディング 東京ショールームでは、写真家の永井杏奈氏による増田信吾氏と大坪克亘氏の建築写真をご紹介しております。
増田信吾+大坪克亘展「それは本当に必要か。」の設計過程や敷地模型、モックアップとは違う視点からお楽しみいただけます。

乃木坂方面へお越しの際は、ぜひセラトレーディング 東京ショールームTOTOギャラリー・間にお立ち寄りください。

増田信吾+大坪克亘展「それは本当に必要か。」
会  期:1月16日(木)-3月22日(日)
会  場:TOTOギャラリー・間
休 館 日:月曜・祝日 ただし、2月23日(日・祝)は開館
開催時間:11:00-18:00
入 場 料:無料

カテゴリー: イベント・キャンペーン |