東京都 人形町の家

絞り込み検索

2016.12.01
  • 既存の梁構造は、リビングを大きく分断している印象だった。間接照明を施すことで圧迫感を軽減し、空間に広がりをもたせている。

既存建築と対話する光に包まれた都会派住宅

都心に佇む商業ビルの一部を、居住用にリノベーションした。
既存のビルは約13坪のワンフロアに空間が細かく区切られ、家族で住まうには圧迫感があったが、今回のリノベーションでは、住まい全体を大きな一つの空間として捉え、「温かみ」や「広がり」を感じさせる工夫を随所に施した。
LDK空間を分断するように目立っていた大きな梁には、あえて間接照明を採用。独特の光の陰影で、空間の広がりや温かみ、一体感を出している。またホワイトアッシュの床材をベースに、壁や天井、家具の面材まで淡いベージュカラーで統一。空間に明るさや心地よさだけでなく、シックで都会的な雰囲気を演出した。別の空間もすべて内装材のトーンに配慮し、家全体でまとまりある仕上がりを意識している。ロフト階に設けた寝室は、既存のアール型天井をそのまま活かし、間接照明のみの空間につくり上げた。優しい光に包まれ、くつろぎと安らぎが感じられる空間に生まれ変わった。

建物の構成要素には一つひとつに意味があると考えている。今回のプロジェクトでは、既存建築と対話するように元の構造を活かし、あたかも今回のためにデザインされたかのように思わせる、新しい空間へと進化させることができた。

  • 間接照明を家の随所に施し、空間を美しく演出。
  • 家具の面材をすべて、同じ木目で造作。キッチンの天板、冷蔵庫、ダイニングチェアもまた淡いトーンで統一。
  • 特徴的なアール型天井の寝室。囲まれ感があり、落ち着ける空間が実現した。
  • 寝室へとつながる階段。間接照明が、優しく通路を照らす。
  • 大理石調の気品溢れるバスルーム。無駄な要素をそぎ落としたシンプルなデザインのバスタブ、シャワー水栓をセレクト。
  • 浴室と同様に大理石調のデザインでまとめられた洗面ルーム。洗面カウンターには、セラトレーディングの水栓が美しく溶け込む。

設計事務所

藤村デザインスタジオ

住所 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-21-6
TEL 03-3207-1214
FAX 03-3207-1214
代表者 藤村 益生
ご担当者様 藤村 益生
URL http://www.fujimuraDS.com/

建物概要

名称 人形町の家
所在地 東京都中央区人形町
施主 個人
設計+監理 藤村デザインスタジオ
施工 株式会社 アイ・キューブ
工事期間 2015年11月~2016年3月
建築用途 住宅