.8 houseができるまで Vol.04

~木の箱=オープンバスルーム~

この住まいに設けられている一つの箱は、木の箱でお風呂です。大きな開口で、使うときだけカーテンで閉じます。
外側は木で覆われ、内側は反転して真っ白な空間です。

150331_satoutei_co0693_web 150331_satoutei_co0709_web

大きな開口は、お風呂の風景を切り取る立体的なフレームのようです。置き型のバスタブやオーバーヘッドシャワー、洗面空間が立体的な絵のように配置されています。

150331_satoutei_co0695_web 150331_satoutei_co0705_web

白い箱=ねぐら
もう一つの箱である白い箱は、ねぐらです。天井高さは1400mmで、上がロフトになっています。ねぐらの床はリビングより100mmほど下がっていています。天井が低い分、床を少し下げたことによって、とても落ち着く空間となりました。不思議ですね。

150331_satoutei_co0626_web

入り口付近にプロジェクターのスクリーンをつけて、映画鑑賞室にもなります。

150331_satoutei_co0616_web

上のロフトは、将来の子供スペースです。天井高さは900mmほどで、今は小さな息子のお気に入りの遊び場です。秘密の場所のようなスペースです。一人で寝られるようになったら、寝室で考えています。

150331_satoutei_co0678_web

Posted in リノベーション