Konstantin Grcicコンスタンチン・グルチッチ


カタチを追求する厳しさ、豊かな表現力。

モノの本質を捉え、常にカタチに対する挑戦を続けるデザインは、知的さやユーモアも兼ね備え、単なるミニマリズムとは一線を画す展開を見せています。ドイツデザインに新たな風を吹き込む注目のインダストリアル・デザイナーです。

Konstantin Grcic

Konstantin Grcic

コンスタンチン・グルチッチ(1965〜)

ドイツ・ミュンヘン生まれ。イギリスで家具の製作技術とデザイン学を修得。ジャスパー・モリソンの事務所に勤務した後、1991年には出身地ミュンヘンに「コンスタンチン・グルチッチ・インダストリアル・デザイン(KGID)」を設立。照明、食器、家具など世界をリードするメーカーのプロダクトデザインを手掛ける。2001年には、フロスから発表された「メイデイ」がコンパッソ・ドーロ賞を受賞するなど、数々のデザイン賞を受賞。多くの作品がニュ−ヨ−ク近代美術館等のパーマネントコレクションに選定されている。

CHAIR_ONE  © Magis Japan株式会社
CHAIR_ONE  © Magis Japan株式会社