Phoenix Designフェニックス・デザイン


Pura vida

「水まわりは長く親しみを感じられる空間とすべきである」。フェニックス・デザインのこの考えは、スペイン語で"ピュア・ライフ"の意を持つプラビダに集約され、洗面器はデュラビット社、水栓はハンスグローエ社というコラボレートシリーズとして完成しました。洗面器と水栓が個々に独立せず、優しい関係を作るプラビダのデザインは、これからのバスルームに必要不可欠な要素となるでしょう。

Arne Jacobsen

Phoenix Design

フェニックス・デザイン

1987年、ドイツのシュトゥットガルトで設立。プロダクトデザイン他、インターフェイス、コンサルタント等、デザインに関わる幅広い分野で、活躍を続けるデザイン事務所である。彼らが手掛けるすべてのものは、快適さだけでなく、使う人々の楽しみを生み出し、そして何より長く使用できるデザインであるよう作られている。