絞り込み検索

2007.04.23
  • 玄関棟とリビング棟をつなぐ両側ガラス面の通路。対照的なテイストでまとめられた中庭を通り抜ける。
  • 外観。フロストガラスのパネルによってRC構造の重厚な雰囲気が和らげられている。

「“普遍的な上質空間”へのこだわり」

ある部分が突出して自己主張するのではなく、建物のどこにいても「上質さ」を感じられる。そんな普遍的な価値観を実現するために、雑然とした日常風景を排除し、外観から細部に至るまで妥協のないこだわりを徹底した。

道路側に面した玄関ホールのある棟と、中庭を挟んだ敷地奥側のリビング・ダイニングのあるメイン棟の間をガラス張りの通路で接続。その通路の玄関から向かって左側の中庭は「枯山水」、右側はコンクリートと芝生の組み合せにアクセントとして姫シャラを配したシンプルな構成でまとめ、日常的な導線の中に「四季折々で変化する対照的な2つの風景」といった要素を盛り込んだ。また、中庭は高い壁面で囲われており、建物の開口のほとんどはその中庭に面している。それにより、玄関に入った瞬間から周囲の雑踏からは完全に切り離され、そこに住まう家族だけの落ち着きのある生活空間をつくり出している。

内部のインテリアは、重厚なコンクリートの質感に軽快なホワイトを組み合わせ、さらにワンポイントとしてのシルバー色と、チーク材等の落ち着いた中間色の木目を配置。開放的で暖かみのある空間を実現した。居住空間が落ち着きのある統一されたイメージであるのに対し、浴室や洗面所等の水まわり空間では金属板やガラス素材、モザイクタイル等を使用。空間ごとに若干の変化を与えたことで上質な中にもゆとりとあそび心を演出した。

外観・玄関ホール

  • 外観。(夜間照明点灯時)
  • 広めに確保された玄関ホール。C.R.マッキントッシュの椅子が空間を引き締める。

リビング

  • リビング棟の吹抜けの空間から中庭を抜け,玄関棟まで一直線で通された2F通路。建物の中に橋が架かっているような雰囲気。
  • リビング・ダイニングの「大」吹抜け空間。高めの壁で囲われた中庭に面している為、周囲の目を気にすることなく、大きな開口からの恩恵を受けることが出来る。

キッチン

  • リビングと同一空間のキッチンスペース。調理機器等、細々としたものはシャッター付収納棚か奥のパントリーに収納。

バスルーム・脱衣コーナー

  • 脱衣スペースの洗面コーナー。アンダータイプの洗面器が取り付けられた大理石のカウンターの下に、洗濯機を設置。
  • タイルの形状が特徴的な浴室空間。夕涼みも出来る専用の坪庭を設置。 シャワバス水栓は雰囲気を壊さないVola社のもので統一。

ゲスト用トイレ

  • ゲスト用のトイレ。モノトーンのモザイクタイルとステンレス製のカウンターでクールな雰囲気を演出。

洗面・メイントイレ

  • メインの洗面所。カラフルなモザイクタイルとガラスのカウンターとボウルを使用して、遊びのある楽しい雰囲気にまとめた。
  • メインのトイレ。小便器も設置。

設計事務所

一級建築士事務所 株式会社 Hale Design

住所 〒152-0032 東京都目黒区平町1-22-10 zephyr103
TEL 03-5731-9936
FAX 03-5731-9937
URL http://www.hale-design.co.jp
代表者 関口 達也

建物概要

名称 W邸
所在地 東京都国立市
施主(事業主体) 個人住宅
設計(監理) 一級建築士事務所 株式会社 Hale Design
施工 株式会社 佐藤秀
工事期間 2006年2月11日〜2006年12月26日
建築用途 戸建住宅