大阪市 Five-layer

絞り込み検索

2011.07.01
  • 奥行きのあるリビング空間にスキップフロアで変化を演出。住まいの中心的なフロア。ガス暖炉の炎が家族の団欒を豊かなものにしてくれる。LDKすべて床はバサルティーナ(火山岩)、壁のアクセントにクラーツストーンを使用。
  • 夕景。コンクリートの強さを和らげてくれる、伸びやかなアールをデザイン。

四季を感じさせる5層の住まい

大阪都心の閑静な住宅街に建つ5層の住まい。

前面の樹々を借景に家族の絆を大切に、家族の気配を感じる住まいを目指した。
設計にあたっては、施主の想いをカタチにするだけでなく、面と面のつながりを意識し、
「隅とフチ」を整える事に注力した。

間取りは、1Fからエントランスとガレージ、パブリックスペース、水まわり、プライベートスペース、5Fのゲストルームまでをシンプルに各フロアーで構成。
ガラスで囲まれた階段室でつながりを持たせている。
階段室からの自然光は、四季・朝・夕で刻々と空間に変化をもたらしてくれる。

水平窓からの景色は、都心にいながら四季を感じさせてくれる。

インテリアは、さまざまな素材をシーンごとにコーディネート。
住まいの豊かさ、美しさを追求した空間に仕上がった。

多くの時間を施主と共有して実現した“建築”である。

  • 無機質なコンクリートに囲まれた空間に、まるで水面を思わせるようなベネチアガラスタイルが、エントランスへと優しく導く。
  • 床にタソス(大理石)、壁に漆喰、ソファに白のレザーという”白”の空間に、ボーダーストーンのアクセント壁、ブルーガラスのオブジェが上質さを一層引き立たせる。
  • 愛車を眺めながらの至福の時を過ごすラウンジ。 ”フェラーリレッド”が冴え渡る上質な”白”の空間。
  • 直径840mmの個性的なペンダント照明(ルイスポールセン アーティチョーク)が、2Fリビングと3Fラウンジのオブジェとなり、吹抜けの演出に大きな役割を果たす。
  • 2Fリビングのガス暖炉は、炎のゆらぎが住まい手に寛ぎを与え、訪問者にとっては何よりのおもてなしとなる。
  • 幅2800mmのダイニングテーブルや造作家具の上質なウォルナットが、ハードな仕上げの空間に暖かみを添える。ダイニングは家族の笑い声が絶えない。
  • 自然光がたっぷりと注ぎこむ階段。時間の移り変わりとともにいろいろな表情をみせる。
  • 2Fのトイレは、ドアを開けるとボウルがまるで浮いているかのように光るサプライズがある。モノトーンで構成されたモダンな空間。
  • 3Fのトイレ。シンプルな空間に白の大便器・ガラス製手洗器が映える。
  • ミラーに壁付け水栓を設置。
  • アールのガラスモザイクタイルの壁とコーニス照明が、トイレから洗面・脱衣所へと続く。
  • 脱衣室と透明ガラスで仕切られたバスルームは、そのままプライバシーを確保されたバスコートへつながる。洗面室、脱衣室と同様のタイルで仕上げ、一体感のある”白”の世界が広がる。
  • ゲストルームは、エイジング塗装で仕上げた壁・天井。様々なシーンを作り出す照明。古レンガに埋め込まれたブラックガラスからモニターが現れる。非日常を演出した”大人の空間”。
  • ゲスト使用がメインのトイレ。床、壁を全て同様のガラスモザイクタイルで統一。ミラー、ステンレス、ガラス等の無機質な素材で仕上げた近未来的な空間。

設計事務所

大和ハウス工業株式会社

住所 〒530-8241 大阪市北区梅田3丁目3番5号
TEL 06-6342-1489
FAX 06-6342-1936
URL http://www.daiwahouse.co.jp/
代表者 谷川 靖洋
担当者 中島 千秋

建物概要

名称 Five-layer
所在地 大阪府大阪市
施主(事業主体) 個人住宅
設計(監理) 大和ハウス工業株式会社
西日本中高層一級建築士事務所
施工 大和ハウス工業株式会社
西日本中高層技術センター
工事期間 2010年2月~2010年9月