東京都 白い家(漆喰と無垢材の住まい)

絞り込み検索

2021.03.01
  • 南側の大開口から自然の光と風を最大限に取り入れられるようLDKは2Fに配置。左官仕上げの漆喰と無垢の木のシンプルな美しさを表現した白い箱。第一印象となるファサードにそのメッセージを込めた。
  • 家の中心であるダイニングとキッチンは、動線、連続性、解放感を優先し、チーク材の床とつながるオリジナルの壁面収納も同材で製作した。建具、椅子、家具も、すべて共木の無垢材とすることで、統一感をだした。自然光を活かし、天井と壁は左官職人による白い漆喰で仕上げ、呼吸する自然素材に包まれた明るく健康的な空間とした。

白い家(漆喰と無垢材の住まい)

呼吸する建材=自然素材は反ったり割れたりし、扱いにくいという固定観念に縛られず、木は自然のまま、その木の個性をみて、向き合うという気持ちで建材を使用した。構造材においては自然乾燥の桧の柱、青森ひばの土台の使用を常とし、天井と壁はすべて左官職人による漆喰仕上げを施した。集成材や合板は一切使わず、ビニールクロスなど石油化学製品も可能な限り使わないことが理想の家づくり。いま多くの建材は人工的に乾燥され、水分だけではなく天然の殺菌性・抗菌性を含んだ大切な樹脂さえも抜かれている。高温で乾燥させる目的は水分・油分を取り除き、接着剤で木と木の貼り合わせをしやすくするためで、工業製品としてのメリットこそあれ、強制的に乾燥させる、接着剤を多用することにより木の本来の特徴は消え失せてしまう。木は切られても生きている。木の細胞を殺すことなく、「木は木のままで」使いたい。自然乾燥材の持つ高いポテンシャルを誠実に使用する中に、ほんの少し遊び心のエッセンスを香らせる。この家は、凝ったデザインよりもシンプルに、無駄なものを削ぎ落とし「実質」にこだわった自邸。セラトレーディングの商品はほどよい存在感でありながら、デザインの意志が感じられ、その世界観は自然素材の持つ力、品格へすっと調和する。美しく佇む姿に、いつも自然とセラトレーディングの商品を選定している。私の建築哲学がクライアントとの共通の価値観となるよう、無垢の木や漆喰への尊敬を表現できれば、自然に豊かな住空間が生まれる、という想いと願いを込め、建築と向き合い、歩んでいる。

  • 天井には黒く塗った桐の無垢材と無塗装の杉板のルーバーを立てることで、スポットライトの存在を隠した。掃き出し窓の高さをあえて1,500mmと抑えることで、躙り口のような要素を加味し、白壁との余白のバランスに留意した。正面地窓のガラスの高さは、障子の桟、一本の高さで揃え、重心の低い和の空間を表現した。
  • 南北に長い敷地に、建物もそのまま長い形とすると中央に光が入らないため、東の私道面に、コンパクトではあるが中庭を計画した。FIX+片引戸からの採光を遮らないよう、側板が鉄のスケルトン階段とし軽やかさを出した。
  • 子供部屋の椅子は妹島和世+西沢立衛デザインのうさぎのシルエットが印象的なSANAAチェア(nextmaruni)。学習机や埋込収納は棟梁と打ち合わせオリジナルを製作。無垢の建具引戸はブルーグレーの自然塗料を使用。床は無塗装のチーク材とすることで、経年変化を子供の成長と共に感じられるようにした。
  •  
  • パウダールームとバスルームの繋がりをデザインすることにより、解放感溢れる快適な空間へ。天井の青森ひばと壁の小さなヘキサゴン・モザイクタイルを途切れないように使用した。床材と洗面のカウンターは北海道産の樺桜。
  • バスルームは一日の疲れを癒せる空間と位置づけ、清潔感ある白と木の色の2トーンに。白木である青森ひばにはヒノキチオール成分があり、殺菌性・抗菌性に優れている。その香りは森の中にいるよう。換気計画として、西窓は高く、東窓は低めに設け、圧力差換気によって起こる自然の風を感じられるよう配慮した。
  • きめ細かな空気を含んだ水流を楽しめるシャワーヘッドと、すっきりとしたデザインで掃除性の高い埋込形のシャワー水栓を選んだ。シャンプーなどの収納も、壁にニッチを配置して全体的な突起をなくしシンプルに。
  • レストルームの天井と壁には、ガラス・モザイクタイルを張ることで漆喰との調和と、アール天井と間接照明による優しい空間を心掛けた。水に強い無垢のチーク材のカウンターには、無機質な印象でありながらも存在感のある洗面ボウルを選んだ。
  •  

設計事務所

神﨑建設株式会社

住所 〒167-0035 東京都杉並区今川3-20-5
TEL 03-3397-1150
FAX 03-3397-1170
代表者様 神﨑 隆洋
ご担当者様 神﨑 隆馬
URL https://kanzaki-architects.com/

建物概要

名称 白い家(漆喰と無垢材の住まい)
所在地 東京都杉並区
施主 個人
統括設計 神﨑建設株式会社 神﨑 隆馬
施工 神﨑建設株式会社
工事期間 2014年7月~2015年3月
建築用途 住宅