東京都 HS邸

絞り込み検索

2017.11.01
  • 端正な南側外観。周囲と調和しながらも控えめに自己主張。

100年先まで考えつくされた家

このお住まいに暮らすご夫婦は多忙な日々を送られており、帰宅後や休日は、シンプルでありながらも南国のラグジュアリーホテルのような空間で、いかに心地よく過ごせるかをハード、ソフトの両面で追求された。
一番の特徴は地階にある寝室。一年を通して室温が一定している地下の環境を最大限に取り込み、快適な寝室を実現。また、遮音性能の高いコンクリートの地階は、オーディオルームとしても最高の環境を作り出した。
躯体は100年住宅を目指すために、株式会社 地下室独自の技術「DeMesh工法」で、メッシュ状の型枠を使うことで硬化コンクリートを改質し、緻密で耐久性の高いコンクリート構造を実現した。
敷地は南側を除き、隣地の建物が迫っている。南側も道路に面した間口4mを除くと、隣地建物のアプローチとなっているので、外部に対してある程度閉鎖的に計画した。開口部にはガラスブロックを積極的に用い、自然光を内部に採り入れ、閉塞感をなくしている。
ご夫婦がもっとも長い時間を過ごすリビングダイニングを大きなワンルームとして設けた2階。
ゆったりとしたレイアウトの対面式キッチンを中心に、ダイニング、リビング、更にカウンターで緩く仕切られた和室を配した。完璧で高品質な躯体を目指すために配線、配管類を一本も通さないというルールを追求し開発された「設備コンソール」の間接照明が、落ち着いた光をリビングダイニングに投げかける。

  • 2階はキッチン、ダイニング、リビングが一体となったワンルーム。コンクリート打放しの空間に、インテリアとの調和を考えたオリジナルの木製間接照明やオーダーキッチンを美しく設置。
  • キッチンの一角にはたっぷり収納できるパントリー、奥には家事コーナーを設置。パントリーからデスクまで、全て特注で統一した。ガラスブロックからの自然光が、デスクまわりに柔らかく届く。
  • ご夫婦がゆったり過ごせる畳と掘りゴタツのあるスペースを希望されていたため、リビングの一角に和室を配置。バーカウンターがパーテーションの役割も果たす。正面のコンクリート打放しの壁や天井と、柔らかな木製家具の表情との対比が美しい。
  • 2階トイレカウンター。出入り口の正面のため、天板をアール形状にし、セラトレーディングの小ぶりで丸い手洗ボウルを設置。柔らかなイメージの空間に。
  • 1階洗面所。ホテルライクな洗面化粧台を希望されていたので、カウンター下の両サイドはあえて扉をつけず、タオルや化粧小物などを置く仕様に。洗面ボウルの高さとカウンターの厚みを揃えた。上下に間接照明を組み込んだ鏡を設置。
  • 1階トイレ。スリムなカウンターにスリムな手洗ボウルを設置。
  • 1階のコンパクトな水まわり。造り付け家具にドラム式洗濯機をビルトイン。上部のオープン棚はリネン庫として使える。
  • ヘッドボードやTVボードの素材を揃え、リゾート気分が味わえる地階の寝室。ドライエリアからの朝日によって目覚める。室温を一定に保つことができるので、エアコンも必要ない空間。
  • 寝室内にあるこだわりのシャワールーム。滝状吐水のオーバーヘッドシャワーとガラスのパーテーションで、リゾートホテルのようなシンプルモダンな空間を実現。

設計事務所

株式会社 地下室

住所 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚3-22-2 中根ビル2F
TEL 03-5308-5205
FAX 03-5308-5206
代表者様 井上 嘉人
ご担当者様 井上 嘉人 細沼 聡
URL http://www.chikashitsu.jp

建物概要

名称 HS邸
所在地 東京都
施主 個人
設計+監理 株式会社 地下室
株式会社 Madre(http://www.madre-style.com​
施工 株式会社 地下室 株式会社 Madre
工事期間 2012年8月~2013年6月
建築用途 住宅